空室確認

9月 年中行事 重陽の節句【9月9日】

2021/09/01

九月:年中行事 重陽の節句

九月 重陽の節句

昔、中国では奇数を陽の数とし、

陽の中で一番大きい数である

「九」が重なる九月九日は

大変めでたい日とされ、

菊の香りを移した菊酒を飲んだりして

邪気を払い長命を願うという風習がありました。

日本には平安時代の初めに伝わり、

宮中では観菊の宴が催されました。

菊の節句、菊の宴とも言われています。

印

「加賀の菊酒」

加賀地域で造られていたとされる日本酒のこと。
”日本一の美酒”と伝わる「加賀の菊酒」は、
菊を漬けたお酒ではなく、“菊水”と呼ばれる水で造ったお酒を指していたようです。
発祥地には2つの説があり、
源流に野生の菊が群生する手取川流域の「鶴来(つるぎ)」(現在の白山市)説と、
「菊水川」と呼ばれていた犀川が市中を流れる「金沢」説です。

こちらはお部屋に1合ご用意させていただきます。


九月(長月・ながつき)

日増しに夜が長くなるので「夜長月」。

それが「長月」になったといわれています。